愛媛大学図書館ホームページへ  > 案内  > 【中央図書館】利用案内  > 教職員の方へ  > 「愛媛大学図書館リポジトリ」への登録について  > よくある質問

(更新日:2017-06-15)

愛媛地区共同リポジトリ - IYOKAN についてよくある質問<Q&A>

[ IYOKANについてよくある質問 | 学位論文登録についてよくある質問 ]

質問回答
愛媛地区共同リポジトリ(IYOKAN)とは何ですか? 愛媛県内の大学等による共同の機関リポジトリです。
愛媛大学図書館が運営しています。
愛媛地区大学図書館協議会参加校において作成された学術研究成果を収集・蓄積・保存し,学内外に電子的手段により無償で発信・提供します。
研究成果を公開するメリットは何ですか? 読者層を拡大することができます。
また,研究の意義や内容を広くアピールすることで論文の被引用率アップに繋がります。
さらに絶版や資料紛失の心配がありません。
大学としては,産学連携・地域貢献に寄与し,大学のブランド力の向上を図ることができます。
誰が登録できますか? 愛媛大学に在籍している・したことがある教職員及び学生等です。
何を登録できますか? 愛媛大学のみなさまの学術研究成果です。

・雑誌掲載論文
・紀要
・単行書の原稿
・学位論文
・科学研究費補助金成果報告書
・会議記録
・フィールドワークの VTR
・学会発表スライド
・学生向けテキスト・教材 など

文書 写真 映像 音楽 スライド
メディアの種類は問いません。
どのように登録すれば良いのですか? リポジトリ登録申請・許諾書を添えて

電子ファイルの場合は
図書館担当者にメール添付して送信 (libsys(at)stu.ehime-u.ac.jp) していただくか,
CD-R,DVD,SD 等のメディアを図書館担当者までお送りください。

印刷物の場合は図書館で電子化しますので
現物を図書館担当までお送りください。
では,印刷物の場合,抜き刷りを送れば良いですか? はい。抜き刷りでも結構です。ただし,雑誌によってはそのまま載せられない場合がありますので,後ほど図書館からご連絡させていただくことがあります。
何でも登録できるのですか? 著作権者の許諾が得られたファイルだけです。
電子ジャーナルで公開されている論文はリポジトリに登録しても意味がないのではないでしょうか。 大学に在籍している場合は電子ジャーナルを比較的広範囲に利用することが出来ますが,利用できない環境の方に提供することに意義があると考えております。
いちいち登録するのが面倒です。 教員活動実績データベースとの連携を検討中です。
なるべく手間にならない方法を検討しています。
強制ですか? 強制ではありません。
共著論文ですが,著作権が心配です。 共著の場合は登録者が全員に許諾をとってください。
出版社の著作権が心配です。 出版社関係の著作権調査は図書館で行います。
愛媛大学の紀要も1論文毎リポジトリ登録申請・許諾書が必要ですか? 著作権の譲渡について投稿規定で明文化されている場合は,専用の申請書を1度提出していたければ以後の提出は不要になります。
リポジトリに登録すると著作権を譲渡したことになるのですか? 著作権は譲渡されません。著作権は著作者または出版社に残ります。
ただし,インターネット上に公開し,一般の方が利用する許諾をいただく事になります。
PDFを個人のホームページで公開済なのですが,リポジトリからリンクしてはどうですか? リポジトリに登録し,個人のホームページからリンクした方が便利ですので登録させてください。
一度登録したファイルを消すことはできますか? お申し出いただければ取り下げます。
個人のホームページからリンクしても良いですか? 良いです。
引用はできますか? 可能です。著作権法の範囲でお願いします。
ただし,雑誌掲載のものとは若干異なる場合がありますのでご注意ください。